2010年07月08日

ヒートショック現象を防ぐ暖房設備

温水セントラルのボイラールーム一般的に、セントラルヒーティングといえば、この方法を指す。石油(重油)と、電気、ガスボイラーで作られた温水を各部屋に分配ラジエータを使用して、空気に熱に変換、また放射熱への変換を行う暖房する。利点は媒体が水であるため、比熱が高く、ある程度長距離の配管を行って、熱損失が少ないのは、比較的大きな建物の暖房をすることです。欠点は、ラジエーターや配管の機密性への配慮など、初期費用が増加してしまうという点だ。特に、戦後より北海道を中心とした住宅、日本全国の建築と大きく、1980年代までに重厚な高級マンションに利用されてきた。最近の北海道の住宅は、標準的な装備となっている。 温風セントラル石油や電気、ガスなどを利用して空気を暖め、各部屋に分配するシステムである。 FF式ファンヒーターの巨大版とすることが実際にはFF式ファンヒーターを熱源とする場合も存在する。利点は媒体が空気であるため、配管の機密性をあまり強調せず、利点、熱源に関係なく、暖かい空気であれば何でも熱源として使用してのポイントがある。一方、中間の低い空気は、長距離の引き回しに適合しない小規模な建築でしか使用できない点がデメリットとなる。アパートやマンションの暖房などに使用例がある他、本州東北部の新築住宅にも積極的な採用が見られる。北海道の新築住宅は、2000年以前に使用例を見ることがあったが今は消えている。 利点 セントラルヒーティングは、安全かつ経済的な面で利点がある。各部屋で個別の暖房を使用すると、石油(重油)やガスを直接燃焼させる形式のものであれば、設置の問題などで火災につながる危険性がある。また、個々の暖房は、熱損失が各機器の合計です集計と同じカロリーを発生させる1つの装置と比較すると、損失が大きくなってしまう。これは、すべての部屋のような暖房器具を使用する場合の事、暖かい地域では局所的な暖房をする場合には合わない、関東以北の地域では、冬、定期的に暖房が付いているので、そうとはできなくなる。 局所暖房全体の暖房を比較したときに、健康の維持に影響があるとされる。代表的なものヒートショック現象で、暖かい空間で、冷たい空間に移動すると、身体が医学的なショック状態になる。局所暖房の場合は、リビングと廊下の温度差は激しく、この現象が起こる可能性が高い。全体の暖房は、居間も廊下も同じ温度のため、この問題が発生するのは難しい。
posted by sayaka36165 at 16:39| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。